治験コーディネーター求人@ランキング

CRCとCRAの違い

CRCとは、治験コーディネーターという存在で、治験が円滑に行われ、尚且つ治験における医療的判断以外のすべての業務を行い、治験に関しての信頼性を高めるという事も担う役割を行う存在となります。

医師のサポートから、患者へのケア、また依頼者との情報交換をはじめとして、様々な業務を行い、治験が円滑に進めるように、あらゆる業務を行う役目を果たすのが、CRCの役目となります。

CRCの役目は、このように『医学的判断以外の治験のあらゆる業務』を行う事ですが、では、CRAとは、一体どんな役目を担う職業なのか。

CRAとは、製薬会社のサポートをする業務という役目を持ちます。 例えば治験の進行具合などCRCは、このCRAへ情報の提供し、CRAは、それを製薬会社に報告するということになります。 つまりCRAは、新薬開発をし、世に出すためにその薬の治験を病院へと依頼する、また製薬会社は、その依頼通り、薬における試験がいかなる進行具合なのか等、確認をする必要があります。

こうした、治験における試験が、予定通り円滑に行われているか、という事を確認する事がCRAにおける業務であり役目とも言えます。 つまり大きく分けると、CRCは、治験を行う病院側の試験をサポートする役目を持ち、CRAは、製薬会社側の治験のおける流れ、進行を確認する等、製薬会社のサポートとして業務を行う立場であるという事なのです。

大きな違いは、やはり治験を依頼する側の人間の立場と、治験を行う側の立場という事。 いずれにおいても、やはり役目は大きいものと言え、尚且つ治験に関わる、治験に関する業務に従事する身である事は、間違えありません。

CRCは、依頼を受ける治験を実施する側のサポートを行い、CRAは、治験を依頼する制約会社側のサポートをする役目という事で、内容は異なるものの、いずれも治験にまつわる業務をする職業ということ。 ただ、どちらが、やりがいがあるかは、その仕事に携わる方でなければわかりませんが、いずれにしても治験、新薬開発に向け、円滑に新しい薬の開発に向け、それぞれの業務を行う職業である事は間違えありません。

そんなやりがいを得られるCRCへの転職を検討される薬剤師さんも多いですが、現役治験コーディネーターの方に言わせると、転職をしようと、治験コーディネーター、つまりCRCですが、その募集へ来る方の中には、実際就業したい場所で面接を受けに来ているにもかかわらず、その会社、病院のホームページを見ずに来られる方が多いとの事。

つまり、これは募集する会社もしくは病院へ面接に行く場合に、その病院等の特徴を調べずに面接に来る方が多いとの事。 そこで、このCRCやCRAを目指す方にきちんと認識していただきたいのが、CRC及びCRAを目指し、その会社もしくは病院へ面接する場合、そこで開設されるホームページを確認し、特徴をしっかりと認識しておく事が大切です。

また、『治験とは何か?』『CRCやCRAの違いは?』等、調べて自分の言葉で話せる、説明できるようにしておくことは大切です。 またCRCを目指すなら、特に『CRCにおける役割』、『主な業務』をきちんと認識し、それもまた、言葉で話せるようにしておく事が肝心という事。

これら基本の事ができない、認識せずに面接に来る方が多く、そのため採用されないという事も多々あるとか‥。 こうした失敗をせずに、CRCへの道を手にしたい方は、やはり医療業界に特化する転職支援サイト(薬剤師専門の転職支援サイト)を利用し、プロのコンサルタントのアドバイスの元、就職における活動をする事が、CRCへの近道となります。

CRCへの支援サービス・ランキング!人気NO.1企業はココだ!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
リクルートドクターズキャリア
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
●薬剤師資格をお持ちの方の転職なら「リクナビ薬剤師」利用者人気NO.1の転職サービスです!
●調剤薬局や病院への転職はもちろんのこと、CRCとしての転職についても評判が高い。
転職業界で圧倒的な知名度を持つリクルートグループなので、治験コーディネーターを募集
 している民間の製薬会社等とのネットワークに強みあり。お気に入りに企業が見つかります。
●薬剤師専任のコンサルタントが、求職薬剤師のための条件交渉を代行し、信頼の高いコンサル
 ティング力で、希望をかなえてくれる
からこそ、『やりたい』仕事を手にする事ができる!
●CRC・CRAの転職、調剤・病院への転職、どんな転職でも求職者にとって、『好条件』『収入
 アップ』の転職を提案
できる、それがリクナビ薬剤師の魅力と言えるでしょう。



マイナビ薬剤師 無料 全国 株式会社
マイナビ
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
●薬剤師のための転職支援サイト「マイナビ薬剤師」が多くの利用者の支持を受けて2位に輝く。
 大手企業ならではの強みを活かし、全国区各地に多くの求人案件保有数を誇る。
●非公開求人も多数揃え、CRCを目指す方、CRAを目指す方の求人も非常に豊富です。まずは
 1分で完了する無料登録をして、非公開求人をのぞくことから始めてみましょう!
●また、『未経験』CRCへの転職サポートが充実しており『治験セミナー』も随時開催している
 ので、調剤薬局などから治験コーディネーターへの転職をお考えの方には心強い味方です。
●職務履歴書作成から、面接の対応に至るまで、すべてを転職提案と共にサポートしてくれる、
 ので、『不安なく転職』ができるのが嬉しい。さらに、厚生労働省認可なので安心です。



ヤクステ 無料 全国 ジェイネクスト
株式会社
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
入職後離職される方はおよそ1%にも満たないという驚異の数字を誇る「ヤクステ」が3位に。
 これは、ヤクステが本当に『希望通りの転職』のみを紹介していることの証明でしょう。
●特に、CRC・CROなどの求人案件に強みあり。もちろん、「年収700万円以上」「エキチカ」
 などの好条件の職場も豊富にそろっています。まずはエージェントに無料相談をしてみよう。
●通勤希望地域としても人気の高い『沿線にある求人特集』も用意されているので、気になる沿線
 のCRC求人情報もGETできます。他、『高収入特集』などにも利用者の人気が集まる。
●希望の求人を単に提案するだけでなく、薬剤師さん一人ひとりのための転職を本気で考える
 ヤクステだからこそ、離職率の低さもNo1なのです。コンサルタントの信頼感は抜群です。



 ⇒⇒ 人気ランキング(4位〜6位も含む)をもっと詳しく見てみる



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2017 治験コーディネーター求人@ランキング All Rights Reserved.